活動報告

2021年11月3日

活動報告「あなたも使えるガッテン術~演出家的発想法のススメ~&~インチキダイエットの見破り方」

・日時:8月29日(日) 9:55~13:00
・場所:いきいきプラザ島根 403研修室
・コース名:リフレッシュコース 3単位
・講師名:元・NHK「ためしてガッテン」演出担当デスク/
経済産業大臣認定・消費者生活アドバイザー  北折 一先生
・参加人数:39名[会員35名 会員外歯科衛生士3名 その他スタッフ1名]
(安来・浜田・益田地区はWeb参加)

 講演では、健康情報の伝え方について先生独自の切り口やワードを用いながら、分かりやすく具体的にお話しいただいた。健康情報とは正しいことをきちんと伝えることが大切なのではなく、対象者の心理状況をうまくコントロールし説明を聞きたいモードを作ること、「わかりやすさ」と「わかりたくなる」の違いなど、様々なガッテン術からのテクニックを教えていただき、今後の歯科保健指導を進めていく上で多くの学びを得ることができた。
 またグループワークでは、2事例の声がけ方法について講演を通じて学んだこと気づいたことを駆使し活発な意見交換がされていた。
 研修後のアンケートからは、「普段自分が行っている保健指導が全く行動変容につながらないやり方だったことに衝撃を受けた」「今までの自分ではダメだとガッテンした。掲示物も改めたい」「やりがちな魔性(~しましょう)を避けて伝える順序を見直したい」「共感の意味を考え直した」等ほとんどの受講者が研修会の内容に満足し、今後の活動や指導に活用できると回答していた。中には、後半の音声やスライドの乱れ等のトラブルで、スライドを見ながらお話が聞けなかったのが残念でやや満足にしましたが、満足する楽しい研修会でした。との感想もあった。
 今回の研修会では、対象者のQOLの維持向上のためには、伝える仕事に携わっている歯科衛生士側に発想の転換が求められることがわかり、今後も引き続き学んでいく必要があると感じた。


【研修会の感想抜粋】
 ・一方的な説明ではなく、聞き手に興味を持たせ引き寄せてからわかりやすく話をすることがいかに大切で意味のあることかがよく理解できた。北折先生のわかりやすいプレゼンテーションも印象的でした。
・教科書通りの当たり前のことを伝えているだけでは患者さまに本当に寄り添えてはいないことがよくわかった。先生のご講演はガツンと心に響きました。

・歯科関係者でない方の講義は、本当に新鮮で良かった。 
・お話のテンポや進め方が良くて、スライドとのやり方など、引き込まれる内容で参考になりました。スライドの作り方も流石と思いました。
・伝え方のコツがわかりました。歯周病等逆からの説明は目からウロコでした。






活動報告 一覧